ルトの独り言


我の日記。画像の持ち帰りは駄目。
by patira

改案

1レス目
神が起こすという大嵐。
それは世界を覆い人々に混乱と新たな出会いをもたらす。
そう、過去にも幾度か起こったそれに人は慣れつつあった筈だった。
此処が極寒の国で、しかも真冬で無かったら。

大嵐のもたらしたものはこの国では大雪だった。
それも記録的な大豪雪。
すっかり雪に埋もれかけてしまった町。

この惨事に女王陛下は命を下した。
「民を救え」と。


2レス目
と、言うわけで雪下ろしだ。
寒い。だが、やるんだ。
寧ろ寒いからやるんだ。雪で家が倒壊しそうな民の心はもっと寒いはずだ。
命令だから~で、やるのでも良いが。
どうせなら楽しんでやると良いと我は思う。
折角だからな。寒いけども。


3レス目
では、具体的に作業手順の説明にうつろうと思う。

作業は1日に1度。深夜0時区切りで行われる。

まず、用いる数値は築城値だ。
特殊築城の数値でも別に構わぬ。同じゆえ。
この数値を10以下になるまで1の位と10の位を足していく。
特殊築城の場合は100の位があるかも知れぬが、それも同様に足す。
一番高い数字は10だ。
例えば、築城値が29だったら、2+9で11、1+1で2と言う風になる。



4レス目
次に、秒数の下一桁を使った判定が待っている。
此れは主催側が判定する故に、ただ普通に書き込んでくれれば良い。
秒数は、築城で計算された10以下の数字と足されて下ろせた雪の量となる。

特殊な状況を2つ説明する。
1 秒数末尾が0だった場合は、雪を上手く突き崩して屋根から落とせた事になり、20の数値を得れる。(築城の数値に関係なく)
2 深夜0時以降に主催が次の日の危険秒数を3つ発表する。その秒数を踏んでしまった者は転倒して次の日1日屋根に上るために休みとなる。(落とせる雪の量も0)

この数値が200に達すれば初期目標達成だ。
戦争開始までに初期目標を達成しよう。
功労者には何か良い事があるかもしれない。


5レス目
まぁ、わかり難いと思うので例を挙げよう。

雪下ろし ルト=ラ=パティラ 2006/12/10 10:55:47

雪の積もった屋根の上。手にはスコップ。
・・・こんな作業やった事無いんだがな。
これも任務。
やるからには全力だ!
寒さで遠くなる意識を無理に奮い立たせてスコップを振るう。
ザックザックザック・・・ぐー。

築城値6 10以下なのでそのまま数値は6だ。


さて、上が書き込み例だが数値は6、秒数は7だ。
このままなら普通に6+7で13の雪を下ろせた事になる。
もし、7が指定された危険秒数だった場合は雪下ろしに夢中で滑って転倒した事になる。


6レス目

さて、説明が長くなったが面倒な集計は多分きっと我がやる。
他の奴に押し付けるかもしれないが。
まぁ、皆は安心して参加して欲しい。
屋根から落とした雪は兵士の皆が運んでくれるそうだ。
我等は雪を落とすことに集中すれば良い。
今期も直に戦いが始まるだろう。
戦の前の準備運動といこうか。皆、頑張ろう。

そうそう、初日の危険秒数は2、4、6だ。
足を滑らさぬように気をつけてくれよ。
[PR]
by patira | 2006-12-11 12:03 | ルトの日々
<< 恐ろしく 草案? >>


犬。可愛がれ。 ↓
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧