ルトの独り言


我の日記。画像の持ち帰りは駄目。
by patira

ぶらぶら

熱冷ましにクソ寒い城下町をあるく。
まだ喉が少し痛い。
気を抜くとすぐに発火してしまう為に、寝れもせずに結構イライラが溜まっていた。

表通りからは外れた通りに一軒の武器屋がある。
目当ては其処だ。
以前は其処でハルバードを購入した。
月光の戦場に置いてきてしまったが、良い品だった。
でも、まだあの店あるだろうか? 正直流行っている店ではなかった。
場所が悪い場所が。

熱い息を吐きながらサクサクと雪を踏んで歩く。
溶けてしまえこんな雪。
あぁ、見えた。ぼろい看板が見えた。
立て付けの悪いギシギシ悲鳴を上げる扉をくぐり、店内へ。

武器屋と言うのは、異様な空間だと思う。
何かを壊し、殺すために鍛え上げられた凶悪な連中が面を並べている。
お互い喧嘩もせず、ただ出番を待つこいつ等。
・・・ふん。

店主と目が合う。
居眠りをしていたのだろうか?
眠そうな目をしている。
パイプに葉を詰め、咥えて火をつける。
真面目に接客をする気はどうやらなさそうだ。
自由に見ればいいのだろう。

ぐるりと店内を見渡す。
元々、棚に収まっている様な小さな物には興味がない。
ん、・・・あれは何だろう?
興味を惹く物が、否。何か惹き付ける存在感を発するものが見つかった。

左の壁にバツ字を描くように掲げられた2振りの斧。
柄が随分と長い。片刃の斧だ。
140~160cmはあるだろうか? 斧の頭は60~70cm。
斧なのかポールウェポンなのか判別つきづらい。
正直、我の感性では小さな武器だ。
うーん。

片方を手にとって見る。
意外とずっしり重量感はあるが、それでもやはり力を使えば、少し物足りないだろう。
うーん?
ふと、壁に残されたもう一つを見る。
片割れの欠けた其れは如何にも寂しげだ。
壁に斧を戻す。
安心したように、ぴたりと其処へ収まる其れ。

店主。こいつ等売られる気無いぞ。
文句を言うて見た。
[PR]
by patira | 2006-12-18 17:13 | ルトの日々
<< 双子の斧 体調が >>


犬。可愛がれ。 ↓
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧