ルトの独り言


我の日記。画像の持ち帰りは駄目。
by patira

ぽいぽいと

シュッ。
風を裂いてナイフが飛ぶ。
カツッ。

・・・を? 当たった。
的にぶっすり刺さったナイフ。何百投目だろう?
暇人なので良いのだが。
少しずつ、的を外して拾いにいく回数が減っていく。
いや、まだ全然だが。
力みすぎたら駄目なんだよな。
するっと力を込めてシャッと投げる。我ながら意味不明なコツだ。
難しい。イライラするな。
真っ直ぐ飛ぶと気持ち良いが。

シャルールにも教えてやろう。
きっと伝わらない。
[PR]
# by patira | 2007-01-09 18:09 | ルトの日々

知識

悪魔の知識は、凄いなぁと。

魔術師の中には力でなく知識を求めて悪魔を召喚する奴がおるらしいが、
それも納得だ。
あれだけの知識があるならリスクおかしてでも求めるものやも知れん。

いや、ゼルに色々聞いたんだが、何を聞いても答え返ってくるからなぁ。
素直に尊敬できる。

でも、学者でも無いのにな。我も色々よう調べたものだ。


さて、まぁとりあえず以前からいうてた書庫(知識編纂)は早めにやりたいな。
項目は何が必要だろうか?

神話等の伝説に関して。(LGの神話とデュークランドの歴史かな)
魔法等に関して。
モンスターに関して。

他に何があると良いだろう?
物知り連中に協力を頼むとして・・・
ふむ。
場も作らねばならんな。
そろそろ動こう。
[PR]
# by patira | 2007-01-08 18:43 | ルトの日々

試行錯誤

力を込むるは腕に非ず。
手に非ず。
その力を宿す場所は其の先。
握りし剣。其の芯。
ゆっくりと込める。力が芯に絡むように。
集中。イメージ。

そして、振るう。
剣より噴出す炎が的へと迫る。…だが。

うむ。
矢張り駄目だ。
的へ炎は届かない。たった5mの距離が届かない。
しかも。
手に持つ剣は真っ赤に焼けて柔らかくなり、振るわれた衝撃で妙な方向に曲っている。
これは最早剣ではなくただの溶けかけた鉄。
これでは受け太刀すらできないだろう。

ぽいと其れを投げ捨てる。
うむ。
やはり、考え方を根本から変える必要があるな。
剣は昔仕込まれたが、他を使うとなると、…さて。
[PR]
# by patira | 2007-01-06 22:36 | ルトの日々

幻灯屋にねだって龍爪斬を見せて貰う。
かの地の出身の、・・・定義に当てはめれば一流の剣士だからな。
なんぞ悔しい話だが。
うむ。


気合の高め方、構え、魔力の動き、魔力が剣に絡む様、その行き先。
技の発動まで。
あぁ、ふむ。


幻灯屋が筋肉痛覚悟で見せてくれた技だ。
うむ。
無駄にはせんよ。参考になった。
[PR]
# by patira | 2007-01-05 01:06 | ルトの日々

マーチ

マーチが聞きたい。
楽隊は居らんのか。

その心に何を抱く。
[PR]
# by patira | 2007-01-04 20:10 | ルトの日々

龍爪斬と剣魔連斬を扱えたら剣士としては一流の部類に入るらしい。
いや、他所の大陸の話だがな。
あちらは小さな国が多いと聞く。
たしかに其のクラスの技を使いこなせる奴が一つの国に100も200もおったりはせんだろう。
裏奥義・封神閃を修めた奴となるとそれこそ・・・か。

真空波を飛ばす系統の剣術は風の魔力を使用するらしい。
サフェイロスがなんか言うとったな。
龍爪斬のように真空波をと言うのでなくとも、風を使って切れ味を上げたりするような剣士は多そうだな。

練られた技術と言うのは、蜜の様。
あぁ、魔招、ラコルム武術、様々な技術達。目にしたいものが多すぎる。
学びたい。使い手殴りたい。
ちょっと、色々研究してみるも面白いやもな。











http://www.aa.alles.or.jp/~moonlight/index.html
面白い文献。クロゼットにみせてもらった。
[PR]
# by patira | 2007-01-04 18:59 | ルトの日々

他人の心を

気にするようになって半年近くは経ったのだろうか?
以前は自分が全てだった、自分の目を通して他人を見るのみだった。
判断基準は我の目に映るその者の行動のみだった。

今は関わる他人の気持ちが気になる。
さっぱりわからないんだが、気になる。
気にしてはしているのだ。
でも、全然わかってないらしい。

子を得、失い。友は少しずつ去り。
新たな出会いも多くあり。されど失いしモノは遥かに大きい。
僅かな時の間に何故我はこれ程変わった?

他人の気持ちを気にした時、傍に誰かが居るのは怖い事だ。
受ける影響はとても怖い。
傍に居た誰かが去りゆくのはもっと怖い。
どうして良いのか全くわからなくなる。
まさか怖いだなんて。

昔はそうではなかったのだがな。
昔の方がずっと強かった気がする。
誰が居ようと我は我で、・・・嗚呼、うむ。
そうか。
理解した。

ありがとう。

これからも色々な事に気付いて変わるんだろう。
きっと。死ぬまで。
気付く事を知ってしまったのだから。
折り合いつけて我を作るしかない。


昨日不機嫌だと指摘された。
んー・・・それで一寸厭な思いした奴居ったらすまんな。
[PR]
# by patira | 2007-01-03 19:06 | ルトの日々

薪と暖炉

暖炉は暖かい。
だが、暖炉に火をつけるには薪が必須だ。
そう、薪は黙っていたら勝手に沸くものではなく、誰かが薪割り等をして備蓄せねばならない。
で、我以外の家の者は皆戦争で忙しかったりする。
つまりだ・・・薪を使い果たした。
はよかえってこーい。寒いー。
あと、飯も。
[PR]
# by patira | 2007-01-02 19:42 | ルトの日々

んー・・・

はぁ、またか。

ぐるぐるぐちゃぐちゃ。

ん、わからん。

ありがとうとごめんなさい。

やはり冬は大人しく眠っておくべきだったか。
今更放り出して大人しくとか出来ないぞ。難儀だ。

臆病すぎるのか。

さようなら。
この言葉が心に残すこれは。

よし、今日は寝よう。
[PR]
# by patira | 2007-01-02 01:05 | ルトの日々

新年

此処をみてくださってる皆様へ。
いらっしゃるかいらっしゃらないかはわかりませんが、
あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくおねがいしま・・・


がべらっ。

良い。別に大差ない。
[PR]
# by patira | 2007-01-01 17:16 | ルトの日々


犬。可愛がれ。 ↓
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧